おぎのやロゴ
お釜でパエリア/峠の釜めし本舗おぎのや
採用情報
プライバシーポリシー サイトマップ
お問合せ
峠の釜めし 店舗案内 観光案内 ご予約 通信販売 料理教室 おぎのや掲示版 会社概要 トップ
トップ料理教室>お釜でパエリア
今月のレシピ
●桑茶入り手作りバター●
 
  料理教室トップ
  野沢菜チャーハン
  野沢菜まぜご飯
 

梅あんかけハンバーグ

 

凍り豆腐のチーカレフライ

 

ぱりぽり信州餃子

 

蒟蒻ステーキon
とろーり半熟目玉焼き

 

高原花まめと
ぷるぷる豆乳寒天

 

舞茸山菜の炊込みご飯(松茸入り)

 

下仁田ねぎと ジャガイモのポタージュ

 

下仁田ねぎのお雑煮

 

お釜でチョコレアチーズ

 

春野菜たっぷりそばパスタ

 

イワシつみれの梅煮

 

お釜で茶碗蒸し

 

釜焼き山菜ビビンバ

 

夏野菜の浅漬け

 

高原キャベツでベビースターもんじゃ

 

モチモチそば白玉団子

 

ホクホクかぼちゃのミルクリゾット

 

サクサクかりんパイ

 

野菜タップリおきりこみ

 

お釜でフルーツグラタン

 

よもぎプチパン

 

お釜でタケノコご飯

 

わさびマヨネーズで
コールスローサラダ

 

枝豆たっぷり豆腐

 

豆腐アイスの
コンフィチュール添え

 

お釜で栗ごはん

 

釜揚げうどん

 

春野菜の和風サラダ

 

おっきな花豆赤飯

 

お釜でパエリア

 

野沢菜漬けと鮭のお茶漬け

 

桑茶入り手作りバター

 
 
 
料理教室タイトル
本場パエリアとはちょっと違いますが空き釜容器を使ったパエリアのご紹介です。
一見豪華で難しそうなパエリアですが、材料さえ揃えてしまえば簡単に作ることができます。

峠の釜めしを食べた後の空釜容器は1合のご飯を炊く事ができます。
ぜひお試しください☆

本場のパエリアはお米に芯が残るように炊くのがポイントのようですが、今回は普段食べているお米のようにふっくらと炊きあげました。 空き釜容器を使って炊くと、パエリアの魅力のひとつであるお焦げが楽しめます。
【材料】(空釜1個分)
○米 1合(180cc) ○エビ(バナメイエビ) 2匹
○水 180cc ○アサリ 3ヶ
○固形ブイヨン 2g(1/2個) ○イカ 15g
○トマトソース 15g ○パプリカ(赤) 20g
○サフラン 少量(約0.1g) ○ナンプラー 適量
○塩 少々 ○レモン 適量
○ホワイトペッパー 少々 ○パセリ 適量
○オリーブオイル 小さじ1    
○にんにく 1かけ
○玉ねぎ 70g(1/4個)
   
   
 
【作り方】
(1)
お米をとぎ、ザルにあげ水気をきります。
(2)
[下準備]
・エビは頭と足、背ワタを取り除きます。
・アサリは殻をこすりあわせて洗います。
・イカは2p角に切ります。
・にんにく、玉ねぎはみじん切りにします。
・パプリカは細切りにします。
・水にブイヨンを溶かします。
(3)
フライパンにオリーブオイルを入れ中火にかけ、にんにくを入れます。
香りがたったら玉ねぎを加え、透き通るまで炒めて取り出します。
(4)

(3)のフライパンでエビ、アサリ、イカを焼き、最後にパプリカを入れてさっと焼き、
取り出します。

(5)

空き釜容器に、お米、ブイヨンを溶かした水(130cc)、トマトソース、塩、ホワイトペッパー、サフランを入れてよく混ぜます。

(6)
(4)のフライパンに、ブイヨンを溶かした水(50cc)を加えて、よくかき混ぜて沸騰させます。(フライパンに残った魚介の焼き汁の旨味を加えるため)
(7)
(5)に(4)を加えて、「ご飯の炊き方について」 を参考に炊きます。
(8)
炊きあがったら、パセリとレモンを添え、ナンプラーをお好みでたらして出来上がりです。
   
前のレシピ
料理教室トップ
次のレシピ
 
峠の釜めし店舗案内観光案内ご予約ショッピング|料理教室|おぎのや掲示版会社概要お問合せトップ
| サイトマッププライバシーポリシー
Copyright(C)2004 Oginoya.All right reserved